経営方針・行動規範

経営方針

当社は、三菱UFJ信託銀行と日本マスタートラスト信託銀行のあらゆる業務分野に対して、高い技術力、業務知識を駆使し、最適なシステムを提供します。

行動規範

1.お客さまに対する姿勢

私たちは、常にお客さま本位で考え、お客さまの信頼・信用に応えます。MUFGグループが今日あるのは、これまで長い間、お客さまからの信頼・信用に支えられて来たからに他なりません。私たちは、この信頼と信用をさらに確固たるものにしていきます。私たちは、目先の収益にとらわれることなく、長期的・持続的にお客さまの発展を支えます。

2.社会に対する責任

私たちは、グローバルに事業を展開する中で、国内外のあらゆる法令等を遵守し、金融システムの安定・信頼維持を図り、社会の健全な成長に貢献します。私たちは、公正・透明な企業活動を誠実に行い、MUFGグループがこれまで築き上げてきた社会からの信頼・信用を守り高めます。

3.職場における心構え

私たちは、MUFGグループで働く者同士が、お互いを尊重し、プロフェッショナルとしての個人の力と地域・業態を越えたチームワークが最大限発揮され、新しい試みに取り組むことができる職場をつくっていきます。

情報処理業務の倫理綱領

高度な専門性と高い倫理意識をもって厳正に情報処理業務を運営してまいります。

(1)高度な専門性の発揮

お客さまのニーズが多様化・高度化する中にあって、ますます多様な情報処理機能の発揮が期待されています。
情報処理業務の担い手たる当社は、いかなる環境の変化にも対応できる高い専門性に基づく高品質な製品・サービスを引き続き提供してまいります。

(2)求められる高い倫理意識

情報システムの開発・管理・運営には、高度な専門性と顧客の信頼を裏切らないより高い倫理意識が求められます。
私たちは、公共性の極めて高い金融関連の情報システムを取り扱う会社として、厳正に情報処理業務の運営に取組みます。